コロナで出会いがない?それは嘘です。彼氏・彼女はできる!

こんにちは。BOSSです。

新庄監督がBIG BOSSと言う前から私はBOSSと名乗っていたので真似ではありません。

はい、そんなことはどうでもいいですw

本題に入ります。

このコロナ禍で不況なのにも関わらず、業績が右肩上がりの市場をご存知ですか?
そう、恋愛市場です。

有名サイトやアプリになると登録者数1500万人なんて当たり前。

ひと昔じゃ考えられない人数が何かしらのサイトやアプリに登録しているんです。

恋したああああい!

彼女欲しい!!!!

もう独りぼっちは嫌だ・・・・
コロナ禍で外出もできない。
飲み会も出来ない。
合コンも出来ない。
もう皆我慢の限界が来てるんですよ。

この記事を読んでるアナタも出会いを求めているはず。
そして、背中を押してほしいという気持ちもあるのでは?

でも、危険だったらどうしよう、個人情報が洩れたらどうしよう、知人にバレたらどうしよう。
そんな心配から登録を躊躇している人も多いだろう。

確かに、危ない詐欺サイトもあるのは事実。
個人情報が漏れた有名なサイトもある。

だから今回は不安の対処法と安心安全のサイトを紹介していく!

さらに、最後まで読んでくれたあなたには人生を少し豊かにするプレゼントがあります

マッチングサイトに登録するメリット

まずは、出会い系やマッチングアプリに登録する事のメリットを簡単に紹介しよう。

出会い系やマッチングアプリが何故コロナ禍の今、こんなにも登録者数が伸びているのかが分かってくるはずだ。

空き時間で異性を探せる

出会い系サイトやマッチングアプリに登録する事の最大のメリットは、自分の空いている時間で異性を探すことが出来る事だと思う。
これは皆さんも思いませんか?
わざわざ飲みにいかなくても、遠出をしなくても空いた時間で家に居ながらにして異性と出会うことが出来るんです。

社会人になると、仕事中心の生活になり、職場と自宅の行き来になりがちですよね?
仕事が忙しいと疲れがたまっていて休みの日に外に行く元気もない方は多いのではないでしょうか。
そんな人でもベッドの上でゴロゴロしながら異性を探すことが出来ます

普段会えないようなタイプとも出会える

普通に生活していて出会える人は限られています。
飲みに行ったり、合コン、ナンパであっても自分の理想的な人と出会うチャンスは低確率。

しかし、ネットでの出会いなら自分の趣味やタイプの顔の人を簡単に探すことが可能
道端のナンパと違って簡単にコンタクトを取ることも可能なので低いハードルで自分好みの相手と出会うことが出来るんです。

低コストで出会える

出会い系サイトやマッチングアプリて結局お金かかるんでしょ?

皆さんもこう思っているのでは?

確かにネットでの出会いは完全無料ではありません。
しかしよく考えてください。
普段の生活でも完全無料で出会うのは中々無くないですか?
飲み会、合コン、ランチなどなど全てお金がかかってますよね。

正直飲み会で払うお金より安い金額で出会うことが可能なので、コロナで飲み会が減っている今こそ登録するチャンスだとBOSSは思うよ。

個人情報が洩れる心配は?

プライバシーマークやTRUSTe(トラストイー)、JAPHICマークなどのいずれかを取得している、マッチングアプリや出会い系は安全とみて間違いないでしょう。

上記のマークは基本的にサイト下部の方にあることが多いので、登録する前に探してみましょう!

日本の法律では18歳未満のマッチングアプリの登録は禁止されているので、必ず公的身分証明書による本人確認が行われています。

本人確認は基本的に身分証の写真を送って申請しますが、この際に身分証の一部を隠しても認められるアプリは要注意。
氏名や性別は確認しないということなので、他人の身分証を使った業者などが紛れ込んでいる可能性が高いからです。

不安かもしれませんが、しっかりと身分証の確認を行って登録するようにしましょう。

知人にはバレない?

結論から言うと知人にバレる可能性は限りなく0に近い!

なぜならば、マッチングアプリには知り合いかも?機能がないからです。

ですので、あなた自身が「マッチングアプリを使っているんだ〜」と言わない限り、あなたがマッチングアプリや出会い系を利用しているかどうかを知る術がないのです。

さ・ら・に実は、マッチングアプリはFacebook登録をしたほうが、知り合いにバレにくくなりますよ!

多くのマッチングアプリは、登録時に連携したFacebookアカウントから友達情報を取得します。そして、その友達情報をもとに、Facebookで「友達」である知り合いがマッチングアプリを利用していた場合には、お互いにアカウントが表示されない仕組みになっているからです。

更に何万人もの登録者がいるので、知り合いにバレる確率は物凄く低いんです。

もし、知り合いをマッチングアプリ内で見つけたら、相手が見つけて身バレする前に、先にブロックしておきましょう。

ブロックをすると、お互いの検索画面に表示されなくなります。

おすすめの出会い系サイト3選

さぁ皆さんお待ちかねの、安心安全のマッチングサイトを3つ紹介!

登録者数も多いサイトなので自分の理想にピッタリの相手に出会えること間違いなし!

ワクワクメール


日本最大級の会員数650万人超!
ワクワクメールは創設2001年 運営15年以上の出会い総合コミュニティーサイトです。会員登録は""無料""とお客様が登録しやすい為、成果を獲得していただきやすいサービスとなっております。
◆サイト特徴◆
お客様に安心してサイトをご利用いただけるようコンシェルジュサービスとしてユーザーサポートを
24時間365日電話・メールどちらでも対応しております。毎日の新規登録会員数1,600人以上☆サイトへの書込み数≫2万件以上!≪、
1日の閲覧数が約1000万PV以上もある優良サイトです。「ホントに逢えるの?」という疑いを吹き飛ばす人気ぶりなので、
まずはご登録いただき、日々新しい方とのコミュニケーションを体験してみてください。

ハッピーメール

日本有数の会員数を誇る出会いの総合コミュニティーサイトハッピーメールです。
◆登録は無料で簡単 1分程度の簡単無料登録で24時間会員登録が可能なので成果が上がりやすい!
◆安心のサイト運営 ハッピーメール(happymail)は24時間体制のサポートで安心!
有人&無人の管理を徹底しており、セキュリティは万全!もちろんサクラも一 切無し!

イククル



・会員数は国内最大級の1500万人を突破
・2000年から運営の老舗出会いサービス
・マッチングアプリにはない「掲示板機能」で即日会える
・誰にもバレずに、匿名で会えるので安心
・好きな時に自分のペースで利用できるポイント制
・お得な増量キャンペーン実施中

コロナ禍で恋愛できないなら

最後になりますが、頑張っても出来ないものはできない。

この記事を読んで、出会い系やマッチングアプリに登録してもパートナーが全員出来るとは限らない。

どちらかと言うとできない人の方がいいだろう。
じゃまたこのまま毎日家で過ごす日々が続くのか・・・

そんなことは思わなくて大丈夫!!

最後までこの記事を読んでくれたあなたの為に、昨日までの自分と買われるアイテムやコンテンツを紹介します。

見るだけで楽しいコンテンツ!

見るだけで面白い

ラブホテル検索サイトのカップルズが運営する、ラブホネット予約「カップルズ予約」のプログラムです。
多くのラブホテルを見ることが出来るので見てて面白い!
こんなラブホテルあるの!?
ここ行きたい!!
そんなラブホテル多数。

ラブホテル検索・予約「カップルズ」を見て色んな妄想をしながら一人で楽しんじゃいましょう。

 

人生が変わるアイテム

これがあれば一人でも楽しめる!
なんなら一人が楽しくなる!

中毒性がありまくるアイテムを紹介していくぜ!

iroha(イロハ)

知っている人は知っている。知らない人は損してる。
性のリーディングカンパニーTENGAが発売している「iroha」
女性の「性」に着目した製品。
クオリティや機能はもちろんデザインにもこだわった一品です。
どのサイトでもレビューが高く、満足している女性多数!

iroha「女性のセルフケア」を試しておうち時間を楽しもう!!

 

男なら黙って使え

右手じゃ物足りない!
早漏は恥ずかしい!
そんな男は黙って使ってみよう!

この商品は病院・クリニックなどでも販売しています。専門医にも推奨され、挿入時間が2.69倍長くなる検証結果がでています。

国内成人男性の約4人に1人が早漏のお悩みを抱えています。
早漏は適切にトレーニングすることができるんです!
コロナ禍のうちに早漏改善しましょう!

TENGAヘルスケア [早漏改善用TENGA] メンズトレーニングカップ キープトレーニングを使用してパートナーを満足させようぜ!!

おすすめマッチングサイト

ハッピーメール

会員数 2,500万人
料金タイプ 課金制
・知名度が高い
・利用者の年齢層が幅広い
・純愛からワンナイトまで目的の幅が広い
・利用者数国内トップ

ワクワクメール



会員数 800万人
料金タイプ 課金制
・初回無料ポイントが魅力的
・多種類の掲示板があるから目的に合った相手に会いやすい
・画面が見やすい
・婚活目的の方が多い

YYC

会員数 1000万人
料金タイプ 課金制
・つぶやき・コミュニティなど機能満載
・無料ポイントがある
・出会いを求めてるユーザーが多い
・遊びを目的とした20代多め

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事