元彼はなぜ別れた後に電話をしてくるの?男目線で解説!
この記事がオススメ人
・元彼が電話して来る理由が知りたい
・元彼からの電話がしつこいと思っている
・元彼からの電話を断りたい
・元彼からの電話に出るか迷っている

別れた元彼からの急な着信。

「何事!?」
「何の用!?」

気になりますね。

何故、別れた後に元彼は電話をして来るのか?
未練があるからでしょ?と思う人も多いはずだが、必ずそうとは限りません!

真実はいつも一つ!とも限りません。

と、言う事で今日は男性目線で何故、元彼が別れた元カノに電話をして来るのか理由を紹介します!

元彼が電話して来る理由

復縁したい

1番考えられる理由は、まだ未練があって復縁したいということです。
同じく復縁を考えている女性にとっては嬉しい理由だから電話に出て復縁に向けて頑張りましょう。
別れた手前すぐに復縁話をすることも難しいので、時間をおいて電話で探りながら彼女の反応を伺うのが男の常とう手段です。

寂しい

男は、男友達とLINEでだらだら会話をしたり、長電話をしたりすることは無いに等しいです。

でも、付き合っている彼女とは頻繁に連絡を取り合います。
そのため、別れても彼女と連絡を取っていたことを忘れることができず、寂しい気持ちになってしまいます。

今までは頻繁に電話をしていたのに、別れてから急に一人になったことを実感したことが耐えられなくて電話します。

その隙間を埋めるために、今までのように接点を持とうとします。

彼氏が出来たのか詮索

男は支配欲が強く、別れた彼女でも新しく彼氏が出来ていたらプライドが許さない。

最近の仕事の調子や友人関係など、あなたのプライベートなことを聞いて探りを入れてくるのが特徴です。
彼氏が居ない事を聞いて、それで「彼氏はいない」と安心するのが男心ってやつです。

ただの暇つぶし

ただただ暇つぶし目的で友達にかける電話とほぼ全く同じ感覚で電話をかけてきます。
暇つぶしに付き合ってくれる相手として、気が知れた元カノであれば自分への理解も厚いからとチョイスされてしまいます。

Hしたい

多くの男は、元カノに対して「もう一度Hできるかも。」と勘違いしがちです。
一度付き合って、好き同士だった過去があるため自信があります。

肉体関係を目的とする男は、懐かしい思い出や、優しい言葉で気を引いて、何かと二人きりで会う予定を作りたがるのが特徴的です。
寂しいとつい流されそうになるが、都合よく利用されても、あなたが辛いだけです。

男が肉体関係を目的としているのか、しっかりと見極めましょう!

元彼からの電話の対処法(復縁したい編)

元彼から電話がかかってきて元彼と復縁したい場合は、電話がかかってきたことに対し素直に喜ぶことが大切です。
また相手にその喜びの気持ちを伝えることが肝心で、「嬉しい!」「電話てありがとう」と言葉で伝えると復縁までの近道になるから感謝の気持ちは忘れないようにしましょう。

会う約束をする

一緒に行った場所や思い出の場所の話をして、一緒にいた頃を思い出させましょう。

「電話していると会いたくなっちゃう!」「また2人でいたくなっちゃうよ~!」などの事を言って、二人で会う約束を取り付けようします。

最初は少ない時間からでもいいから、会えば復縁も近づく事間違いなしです!

長時間が無理なら、お茶からでもいいから会うようにしましょう。

相手のペースに合わせる

相手のペースに合わせて連絡をしましょう。
相手からの連絡が嬉しいからと言って、復縁した気になり、こっちからガンガン連絡を逆にしちゃうと引かれてしまいます。

電話の前には「今大丈夫?」と絵文字やスタンプでカジュアルに伝えたり、相手の生活のリズムを邪魔しない事を心掛けましょう。

相手のペースに合わせる事で、気が利く人だと改めて実感できて相手に惚れ直してしまうかもしれないです。

嬉しいアピールをする

相手から電話がかかってきた時には、声色でも分かるくらいに大きなリアクションで喜ぶことが大事です。

電話の後にも
「電話してくれてありがとう、嬉しかった!」
「忙しいのに電話してくれてありがとう!」
など、喜びを分かりやすい形でアピールしつつ「次も電話したい」と思わせるようにしましょう。

元彼からの電話の対処法(しつこい&迷惑編)

元彼と縁を切りたいのに電話がかかってきてしまった場合は、できるだけ冷たい対応をする事を心掛けましょう。
「何?」「何の用?」などと、用件だけを聞いて、あまり話題を広げないことが大事です。
塩対応をし続ければ相手は折れるでしょう。

会話を広げない

  • 愛想よくしない
  • 質問しない
  • 会話を広げない

ポイントはこの3つ

当たり障りのない内容で返事をすることが大事です。

下手に愛想よくしたり、話を広げたりすると、相手はあなたがまだ自分を好きだと勘違いしてしまうこともありえます。

そうならないために、短めでそっけない内容にしたり、電話も忙しいと言って終わらせたりと当たり障りのない返事をするのがおすすめします。
こちらから質問してしまうと、いつまでもやりとりが続いてしまうからスパッと切ってしまいましょう。

無視する

すっぱりと関係を切り捨てたほうが楽なことが多いです。
いつまでもズルズル引きずっていても辛いだけです。

LINEや電話は無視して大丈夫です。

連絡を取り合うと元彼に変な気を持たせたり、意味もなくダラダラとこちらの日常を話すとか、あまり意味のないことに時間がとられてしまうのは勿体ない。

自分の大事な時間は自分のためにあるから、変に相手に希望を持たせるよりも何もなかったと思って自分の時間を楽しみましょう!

連絡しないでとハッキリ言う

無視して拒否を続けても、なかなか気づかない鈍感な男性もいます。
基本的に男は鈍感、
そんなときは、「連絡しないで!」とハッキリ伝えましょう。

無駄にやり取りを続けていると、元彼はあなたのことを忘れられないままでいます。
あなたによりを戻すつもりが無いのなら、ズルズルとやり取りを続けるのはあなたにとっても彼にとっても何一つ良い事はありません!

辛いけれど早めに「連絡してこないで」とハッキリ伝えた方が、元彼も早くあなたを忘れることができるでしょう!

元彼を忘れる方法

元彼を忘れたいのに、連絡が来るから忘れられない。
そんな人は少なくないでしょう。

  • 趣味に没頭する
  • 友達と話して忘れる
  • 仕事に没頭する

様々な忘れ方が巷には溢れかえっているけど、そんな簡単には忘れられないし、失恋は時間が忘れさせてくれるとよく言われるが年単位で直ぐには消えてくれません。

結局、元彼を忘れる一番の方法は新しい彼氏を作る事です!
新たな恋をすれば間違いなく元彼の事なんか忘れられます。

ただ、最近は飲み会も合コンも少ない。

出会いの場がどんどん減っていっています。
そんな中、スマホがあれば家の中でも手っ取り早く出会えるマッチングアプリや出会い系の利用をおすすめします。

恋人探し・結婚相手探しなど、同じニーズを持っている人が集まっているし、好みの相手も詳しく検索できるから自分の希望にマッチする人を探しやすいのが特徴です。

また、婚活パーティーや結婚相談所などはお金がかかって金銭的にキツくなってしまうけど、出会い系なら課金しない限り無料で利用できるからお金をかけないで出会える嬉しい利点もあります。

いつでもどこでも自分の理想な異性を検索できるから、無理に外に出たり、最初から異性に話しかけたりしなくて良いのは嬉しいですね。

ここで、おすすめのアプリやサイトを紹介。

おすすめ:イククル


・会員数は国内最大級の1500万人を突破

・2000年から運営の老舗出会いサービス
・マッチングアプリにはない「掲示板機能」で即日会える
・誰にもバレずに、匿名で会えるので安心
・好きな時に自分のペースで利用できるポイント制

まとめ:元彼からの電話に出るかはアナタ次第

元彼が電話をして来る理由は復縁をしたかったり、身体の関係目的や暇つぶしなど人それぞれです。

その電話に出るか出ないかもあなた次第です。
大事なことは元彼の行動にあなたが振り回されないことです。

元彼から電話がかかってくると動揺しちゃうせいで、出るか出ないか、何を話すかで悩む女性が多いけど、復縁したいなら出る、忘れたいなら心を鬼にして無視をすることも大事です。
ズルズル意味もなく話し続けても時間の無駄です。

その時間で新たな恋人を探してた方が有意義だと思います。
だから、こちらが踊らされないよう落ち着いた対応を心がけましょう!

その電話に出たら幸せになれる?
話した後に後悔しない?

あなたが後悔のないような行動をしていきましょう!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
元彼の電話に出るも出ないも答えはありません。
復縁するのも良し、無視して新たな恋人を探すのも良しです。
今より読んでくれたあなたが幸せになってくれることを心より願います。

ありがとうございました。

 

おすすめマッチングサイト

ハッピーメール


会員数 3,000万人
料金タイプ 課金制

・知名度が高い
・利用者の年齢層が幅広い
・純愛からワンナイトまで目的の幅が広い
・利用者数国内トップ

ワクワクメール


会員数 1100万人
料金タイプ 課金制

・初回無料ポイントが魅力的
・多種類の掲示板があるから目的に合った相手に会いやすい
・画面が見やすい
・婚活目的の方が多い

YYC


会員数 1000万人
料金タイプ 課金制

・つぶやき・コミュニティなど機能満載
・無料ポイントがある
・出会いを求めてるユーザーが多い
・遊びを目的とした20代多め

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事