MUSEEと食べ物で魅力的なまつげを手に入れる

2019年07月09日
目がきれいな女性

岡山県岡山市中区にある隠れ家ネイルサロンMUSEEでは、ネイルケアだけでなくまつげエクステもメニューに含んでいます。
MUSEEでは、細くて短くボリュームの少ないまつげの悩みを解決します。
1本1本にエクステを付けるので、自然な仕上がりになります。
長さやカール、本数を自由に選べるので自分好みのデザインになります。
MUSEEに通いながら、まつげの発育をサポートする食べ物を食べると良いです。
まつげも体毛の一つなので、長く伸ばしたり増やしたりするためには栄養を必要とします。
まずタンパク質を多く含む食べ物です。
まつげを主に構成するのはケラチンというアミノ酸です。
アミノ酸はタンパク質からできています。
よってタンパク質を含む食べ物を摂取すると、体内でアミノ酸に分解されて再びタンパク質に合成されてケラチンが増えます。
乳製品や大豆、卵などが豊富にタンパク質を含んでいます。
肉類にもタンパク質が豊富ですが、食べ過ぎるとカロリーオーバーになりやすいので、豆類などの植物性タンパク質を中心に食べると良いです。
次に必須アミノ酸を含む食べ物です。
ケラチンの合成には、必須アミノ酸が使われます。
必須アミノ酸は体内で作ることができないので、食事を通してのみ摂取します。
必須アミノ酸はにんにくや小麦麦芽などに多く含まれています。
コラーゲンの生成にも関わっているので、これらの食べ物を食べると美肌も手に入ります。
そして卵黄です。
卵黄から発見されたビタミンBの一種であるビオチンは、不足することで脱毛や皮膚炎を起こします。
さらに海藻類はヨードを多く含むので、甲状腺の働きを促進して発毛を活性化します。
ヨードと一緒にタンパク質を摂取すると、高い効果が得られます。